フルタアキラブログ

トランプが日本に来た!

トランプが日本に来た!

北朝鮮は何をする?

これまでに北朝鮮は核と
ミサイルの技術を確実に
高めてきた。

1998年夏にテポドン1号が
日本列島を横断してから19年、

日本政府はミサイル攻撃を
抑止するための積極的な
アクションを取らなかった。

そして、

いよいよこの2017年冬にかけて
アメリカによる北朝鮮への
武力行使が現実味を帯びて来た。

日米韓同盟と言われているが、
韓国の文在寅大統領は
かなりの親北朝鮮らしい。

なので、

文大統領は、アメリカに
朝鮮半島では勝手な真似は
させないとまで言ってきた。

北朝鮮と中国は仲悪い?

レッドカラー同士で、
少なくても仲は悪くなさそう。

だが、北のミサイル外交の
真の目的は中国への威嚇
ともいわれている。

現に中国内ではこんな動き
に同調するかのように、

対北京を標榜する組織
との内戦の可能性
もあるようだ。

なお、

中国はドイツとの関係を
強化している。

ドイツは、フォクスワーゲンの
排ガス規制の不正問題で、

アメリカに吊るし上げられた事
もあったりで、
反米姿勢を強めている。

あとはロシア。

冷戦により、
ソ連は北朝鮮を産んだが、

ここに来てプーチンは
私利私欲に走る金正恩に
愛想を尽かし、

反北朝鮮、中国、
逆に、親米路線が現状だ。

アメリカの行く先

アメリカが、
武力行使した場合は
短期的に朝鮮半島を中心に
混乱したとしても、

長い目で見ると、
米国が世界の覇権を維持
する可能性が高まりそうだ。

万が一、

武力行使が無ければ、
直近では今までどおり
の平和が続くように
みえると思う。

しかし、

将来的にはアメリカの影響力が
後退してしまう
可能性があるので、

グローバリズムや
全体主義者が勢く事になり、

極論としては、
中国が台湾のみならず
日本をも侵略する
シナリオが考えられる。

Facebook  Twitter  Google

この記事でいちばん印象に残ったポイントを教えてください!

Facebook  Twitter  Google
人生最後のダイエットに成功し
望む体重維持と風邪ひとつ
ひかない健康な日々を送り
より幸せで豊かになりたいあなたへ

© Copyright フルタアキラ. All rights reserved..