フルタアキラブログ

ビットコインに手を出すな!

ビットコインに手を出すな!

ブロックチェーンはすごい技術

ビットコインは、
ブロックチェーン技術
の上に成り立っている。

ブロックチェーンとは、
取引記録を鎖のように
つなげて管理する仕組み。

ブロックチェーンの
ネットワークにいる参加者が
持っている帳簿を
同時に書き換え、

関連するすべての取引履歴
を記録する。

従来の中央集権的な
データベースを使った
管理方法とは
異なる技術を使っている。

つまり、

各ユーザーが分散して
ブロックチェーンの情報
を管理する。

その結果、

劇的に低いコストで
リアルタイムに
金融取引を行う事が可能だ。
 

破壊的イノベーション

銀行や金融機関など
仲介的なビジネスモデル
を根本的に変えられる
可能性がある。 

各国の中央銀行が
デジタル通貨を
発行した場合は、
究極の破壊が起きる。

もし、これが実現したら、

貯蓄や決済手段として
当たり前な銀行預金が
必須でなくなる。

そもそもの銀行の
存在価値がなくなる。

そういう意味では、

中央銀行が
そのデジタル通貨
の発行に対し、
及び腰に見えなくもない。
 

今はインターネット
の黎明期と同じ?

ブロックチェーン技術は、
たとえば、黎明期のころの
インターネット技術と
比較される事が多い。

インターネットは、
そもそもがアメリカの
軍隊や大学研究機関の
利用により、
普及した技術だ。

しかし、

ビットコインは
正体不明な暗号技術者が
発案した論文が、

オタクや無政府主義者を
中心に盛り上がったもの
から始まった。

その結果、

そこでなんらかの手段
で儲けたい人が群がって
普及してしまった
アナーキーな代物で、
その物語も混沌としている。

ブロックチェーンの方は、
各種の取引に利用する
ものとして、

主要銀行、証券会社等で
積極的に検討されている。

ビットコインの正体とは

ビットコインの歴史に
深くかかわってきた人たちは,
どうも胡散臭い感じがする
人ばかりだ(笑)

ビットコインを考案:
サトシ・ナカモト

マウントゴックス創設者:
マルク・カルプレス

闇ウェブのシルクロード創設者:
ウルブリヒト

ビットコインは、
一過性の熱狂ではない。

今後も『どの組織にも属さない』
フリーランス通貨への
需要は途絶える事が
なさそうだ。 

金融の専門家からの指摘は、
ビットコインの存在
そのものを全くきちんと
理解していない事が
ほとんどだ。

その典型が、

『ビットコインは、
チューリップバブルと
同じである』

というものだ。

今でこそ、
国際送金やマイクロペイメント
に革命をおこす
有望な新技術のように
語られているが、

その生い立ちは決して
まともな優等生的な
テクノロジ―でない(笑)

ビットコインには、
貨幣としての機能である
”価値保存” が備わってて、
金と同じ性質があるという事。

果たして、

デジタルの数字である
ビットコインに、

金と同じ”価値保存”
機能を人々が認めるのか?

ICOが非常に流行っている

とある暗号通貨界の
有名人の話では、
ICOに参加するにしても
それぞれの開発者が歴史
を持っていて、

相互に影響を及ぼしあっている
のだから、

その事を知らずに
投資してはいけないとの事。

しかし、

2009-2014年と比較すると、
2017年時点では
登場人物は爆発的に増えている。

仮想通貨という言葉も
悪い印象を
与えるかもしれない。

実際に数年前に
流行した仮想空間のみ
で使える通貨と
勘違いをしていた。

仮想通貨という
言葉はむしろ、

金融に係る政府機関
及び金融業界の
既存の体制から見た
言葉であり、 

ビットコインとは、

インターネットの特性を
十分に活かして、

特定の管理機関や
規制機関によらない、
分散型のデジタル通貨、

もともとは、
リバタリアニズム
の影響も受けた

理想主義の影響を
強く受けた現金に替わる

匿名性の高い交換手段
であったことが理解できた。

技術的には、
これほどすごいもの
であることの発見は
価値がある。

いくら市場が成長
しているといっても、

現時点では、
通貨というほどには、
交換にも、資産形成にも、
価値の尺度にも使用する

には中途半端で
通貨としての実態を
なしているとはいえない。

ビットコインが成功する
決め手は、

やはり誰もが使いたい
と思える動機だ。

クレジットカードやペイパル
で十分だし、

日本では
インターネットバンキング、
お財布ケータイなども便利だ。

暗号通貨界で『リップラー』
と呼ばれるリップル信者は、

大抵ビットコインを
あまり好まず、

やがてリップルが、
暗号通貨を制する
と主張する。

たとえば、
以下のアドレスで
保有ビットコイン数
を検索してみよう。

https://bitcoinchain.com/
1P9RQEr2XeE3PEb44ZE35sfZRRW1JHU8qx

これは、コインチェック
という取引所の残高だ。
https://coincheck.com/ja

取引所の残高は、
ユーザーが保有する
ビットコインの合計残高だ。

なので、コインチェック
の自由にできる
財産ではない。

預けている、
というのが正解だ。

ビットコインは
これからどうなるか

ビットコインが、
今後どうなるかは
誰にもわからない(笑)

以下の理由をもって、
ビットコインで期待された

広範囲な決済手段
としての活用は、
困難と予想されている。

・サイバー犯罪が横行
している中で
高い匿名性が
障害となる事

・ビットコインで
一秒間に処理できる
取引がたとえば、
クレジットカードの
1/500 程しかない事

・これまで中国での
マイニングに
偏っていたために
グローバルでみた
分配に問題がある事

おそらく、

今後世界各国の
中央銀行で発行される
とされるビットコイン
のような仮想通貨は、
その当初は
各国の通貨とリンクする。

その後は、
ある一定の時期をもって
フローティングされ、

たとえば、

円通貨が崩壊した場合
に日本の通貨制度を補完、

もしかしたら、
円の代替通貨になる
可能性もある。

ある国の通貨が
崩壊した場合、

基軸通貨であるドル
などの外貨に対する
管理が大変厳しくなる。

そこで、

代替になる通貨が
なかったとしたら、

物々交換をせざる
を得なくなり、
社会が大変な事態に陥る。

ビットコインなど
の仮想通貨が、
メインで利用される
であろう消費者
にとって、

クレジットカードなど
に代わる大きなメリット
が得られる使い道が
生み出されないと、
広く活用されにくい
のが現状だ。

また、ビットコインが
これまでに違法ドラッグなど
の闇取引などに使用された事
を考慮すると、

仮想通貨が政府から
独立した存在であっても、
社会的な責任上、
そういった犯罪を
防止できる仕組み
が必須だ。

【後編】Qtum CEOが考える仮想通貨の未来

ビットコインとは

ビットコインは、
中本哲史(サトシ・ナカモト)
を名乗る人物によって
投稿された論文に基づき、

2009年に運用が
開始された仮想通貨。

極めて低いコスト
での決済を平均10分程度
待つことにより可能
にするとされている。

なお、権力機関や
特別な権限を持つ
発行者はいない。

また、支払いの際に
売買間の電子的な記録
や履歴は存在しない
代わりに、

買い手は公式
トランザクションログ、
blockchainの更新を要求する。

ビットコインの数には
限りがあり、多くの人が
ビットコインが価値
のあるものだと信じれば、
それだけ価値が上がり、
無いものとみなせば
価値が下がる。

まぁ、ホンモノの『通貨』も
初戦は価値交換の『ツール』
だもんね。。。

注)この記事内容の一部は、
『デジタルゴールド–ビットコイン、
その知られざる物語』
ナサニエル・ホッパー 著
土方奈美 訳

のポイント部分を引用し、
私のアウトプットの場と
させて頂いてますこと、
ご容赦願います。

Facebook  Twitter  Google

この記事でいちばん印象に残ったポイントを教えてください!

Facebook  Twitter  Google
人生最後のダイエットに成功し
望む体重維持と風邪ひとつ
ひかない健康な日々を送り
より幸せで豊かになりたいあなたへ

© Copyright フルタアキラ. All rights reserved..