フルタアキラブログ

目標を達成できてますか

目標を達成できてますか

目標を達成するために

目標を身近な人と共有する

達成したい目標を家族や知人、友人などと共有することで、強いつながりを利用することができます。

 

実はダイエットは、この際たる一例です。

 

わたしが10キロ以上のダイエットに成功した方法【まとめ】

 

達成できる目標は、周囲の少なくとも半分くらいの人が、 「おまえなら出来る」 と言ってくれます。

 

目標達成とは、今の自分ではない別の自分になること

その目標を立てたということは、そこになんらかの理由があると思います。

 

そして、目標設定が正しいものであれば、結果としてその目標はあなたを幸せにしてくれます。

 

目標達成のための習慣とは

目標達成までのプロセスを想像しましょう。

 

そして、これを習慣にするのです。

 

目標の達成に対しプロセス思考になると、結果への執着にこだわらなくなるので、まるでゲームのように行動できます。

 

実はプロセスにこだわればこだわるほど、落ち着いて集中できる状態でいられます。

 

ある米国の大学の研究では、出した結果だけを褒められて育った子供よりも、それまでの過程や努力したプロセスを褒められて育った子供の方が、その後の人生で多くの困難な課題を乗り越えられる可能性が高いとのことです。

 

こうした子供たちには、自制心がつくことが理由だそうです。

 

子供がテストで100点を出した結果を褒めるのではなく、それまでにしてきた行動、つまりプロセス褒めるのがよいのです。

 

結果を出すためには、これこれ、こういう行動が必要だ、だからこういう行動を取ろうという結果を出す途中のプロセスを大事にするのです。

 

結果は運に左右されることもあります

必ずしも結果は出せるものではありません。

 

目標を達成するために、どんな努力や行動をすればよいのかを常にシミュレーションする習慣があると、いちばん目標達成率が高いようです。

 

つまり、目標自体が達成するために現実的かなのかよりも、現実的な行動の習慣ができるかどうかがとても重要なのです。
モチベーションといか覚悟とかではなく、習慣の力をフル活用して目標を達成しましょう。

 

目標の達成率は上げられる

目標の達成率が2倍になる法則

目標の達成のためにモチベーションアップとかなんとかやってやるなどの覚悟をもつような、ポジティブ思考は効果がありません。

 

これは、ニューヨーク大学、ハンブルク大学の心理学教授が、20年にわたる研究成果で実証されています。

 

ポジティブ思考に代わるものとして、”WOOP” の法則というものがあります

 

  1. 願望(Wish
  2. 成果(Outcome
  3. 障害(Obstacle
  4. 計画(Plan

 

正しくポジティブな思考を使って、目標の達成率を確実に高めるめのテクニックをまとめた法則です。

成功するには ポジティブ思考を捨てなさい 願望を実行計画に変えるWOOPの法則

 

あなたも、すぐに試せそうですね!

Facebook  Twitter  Google

この記事でいちばん印象に残ったポイントを教えてください!

Facebook  Twitter  Google
人生最後のダイエットに成功し
望む体重維持と風邪ひとつ
ひかない健康な日々を送り
より幸せで豊かになりたいあなたへ

© Copyright フルタアキラ. All rights reserved..