フルタアキラブログ

ちょっと立ち止まって考えてみる

ちょっと立ち止まって考えてみる

ひらめきと直感

ひらめきは意外と間違っている

 

直感は意外と正しい

 

さて、その理由が説明できないのは、どちら?

 

実は理由が説明できるほうが間違ってます。

 

そして、理由が説明できないほうが、正しいのです(笑)

 

直感ってアドバイスできて、その理由を聞かれたとしても、必ずしも説明できるわけではないけど正しいのです。

 

しかし、本人がよく分かっていないことが多いのです。

 

つまり、直感とは過去の豊富な経験による正しく膨大なデータベースから導き出されます。

 

逆に、ひらめきは理由を明確に説明できるので、意外に正しくないのです。

 

将棋の羽生名人が、「直感で打った七割が合っていた」 と言っていたそうです。

 

すごい人たちの著書

他人に完全否定されたらチャンス

他人に意見を求めると、「あ〜、それいいね〜」 とある興味あるのかないのか適当な反応なときがありますよね。

 

逆に、「いやいや、そんなのあり得ないよ」、「そんなのどだい無理」って否定されることもありますよね。

 

実はそこにその反応をした人なりの課題があったり、解決したいと思える問題があったります。

 

そうすると、自然と完全否定してしまったりするのです。

 

ということは、そこには大きなビジネスチャンスがあると考えてよいのです。

 

こんな反応は、確実にキャッチしましょう。

 

サイコパス性とは

サイコパス性って聞くだけで怖そうです。

 

実はサイコパス性こそが、自分の欲求や目的に対して純粋に正しい行動を取れる性質だったりします。

 

たとえば、会社の社長や役員、外科医や弁護士、ジャーナリストのような職業にはサイコパス性を持つ人が多いようです。

 

つまり、常日頃から全体のためのことを考えていて、常人では到底無理なようなつらいけど正しい意思決定を下したり、ときには誰かを生かし誰かを殺すような判断をしている人たちです。

 

逆に、看護師や教師、アーティストはサイコパス性が低い人が多いようです。

 

もちろん、映画であるような猟奇的、暴力的なサイコパス性は単純に私利私欲のカタマリですので、論外です(笑)

 

あなたのサイコパス性は?

サイコパス 診断・症状チェック

 

なぜか人見知りになってしまう

なぜだろう(笑)

 

それは、人間が進化してきた過程で、生存確率を高めるための手段なのです。

 

たとえば、ライオンを天敵とする動物が、ライオンと鉢合わせになったり、いきなり大量のライオンの群れの中に放り込まれたりしたら、それこそ人見知り以上に危険を感じます。

 

人間にも動物と同様の防御反応があります。

 

なので、怖い上司や、多くの人の前でプレゼンしたりすると、あがったり緊張したりするのはそのためなのです。

 

そうすると、それを抑え込むよりも克服できないものとして、受け入れてしまうほうがラクでしょう。

 

ありのままの自分がいい

われわれは赤ん坊として生まれてから、ありのままの存在を愛されて育ちます。

 

しかし、いつの間にか、良くも悪くも得た結果に対して褒められたり怒られたりするようになってしまいます。

 

たとえば、

・学校での試験での良しあし

・習い事での出来不出来

・受験の合格や不合格

・スポーツ大会での結果の良しあし

 

あなたの将来を左右する人生脚本がカタチ作られる中学を卒業する頃までに、多くのこういった体験をしていると思います。

 

ということは?

 

このような体験の積み重ねが、ありのままの自分を愛され、自分が素晴らしいと思う 「自己肯定感」 の形成に大きな影響を与えているのです。

 

この自己肯定感が高い人は、自分の欠点や失敗したことなどはあっけらかんとして、平然として他人にその姿をさらすことができます。

 

あなたが何かに取り組むときにいだく、とても重要な感情や考え方なのです。

 

思春期ごろまでの多感な時期に 「ありのままの自分を愛される」 ことが大変重要です。

 

Facebook  Twitter  Google

この記事でいちばん印象に残ったポイントを教えてください!

Facebook  Twitter  Google
人生最後のダイエットに成功し
望む体重維持と風邪ひとつ
ひかない健康な日々を送り
より幸せで豊かになりたいあなたへ

© Copyright フルタアキラ. All rights reserved..