悩みに効く書籍の紹介
あなたの役に立つ書籍が必ず見つかります。

成りあがり<行動しないあなたへ>

成りあがり<行動しないあなたへ>


矢沢 永吉



何をやったらいいのか、自分はどうなりたいのか、ひたすら行動した先にはどんな事が起こるのか、未来に漠然とした不安感を持っているけど、どうしたらいいかがわからない人向け。将来への情熱をもって行動すれば、なりたいあなたになれる事を実感できる。

広島での著者の生い立ちから、壮絶な波乱万丈な半生の前半を圧倒的な臨場感で描写している。上京してアマチュアでバンドを結成し、バンドでもプロになり、さらに『矢沢永吉』として超ビッグスターになるまでのハンパない行動力とその思考など、こと細かに余す事なく表現。

ホンモノのロックンローラーだからこそ書ける本。ありえないレベルのユニークさでリズミカル、シャレっけたっぷりで、著者らしく言いたい放題。特に目立つのが、様々なカタカナ単語をひっくり返した著者独特の表現だ。

これが、もっとも印象的なカタカナ単語のひっくり返し文章の引用だ。

“「だいたい、あんた勝手だよ。コオマンしなきゃいいじゃん、コオマン。おまえら、いい加減にコオマン決めて、オレ産んでから、夫婦喧嘩してアレか…じゃ、オレ、どうなるの。コオマンするな、パイプカットせい!」って話になる。“

まずは、生まれ故郷の広島を旅立つときの著者の並々ならぬ決意を引用。

“親戚の家に一軒一軒別れを告げに行った。ひどいものだった 。「何?」っていう感じ。 「永吉ですけど」 「何 、おまえ?」 「実は今晩、これから東京に行きますから…」 「あ、そ、行くの。気いつけてな」でおしまいよ。この野郎、と思うと同時に「オレは、これから、とんでもない行動をする。おまえら見とけ!」という感じ。”

そして、著者が『成りあがる』ステップを実感できる部分を引用。

“オレと、他のやつらの違いって最初からあった。オレは、いつかプロになると思ってる。みんなは趣味で楽しんでいる。いつか、何年かかるかわかんないけど、きっと自分のベスト・メンバ ーが集まると思ってた。ベストと認めるメンバーで 、オレのオリジナルをやりたいっていう気持ちがあったんだよ。彼らには悪いけど、ザ・ベースは、オレの手段だったんだ。これを糸口にして、いろんなやつと知り合おうと考えてたわけ。いろんなバンドマンってやつに会って、ちょっとずつグレード・アップしていこう、そう思ってた。”

音楽に限らず、著者はその周りとの関係性についても深い考察をしていた。

“「ほんとの友だちっていうのは 、一回別れなきゃいけない。一回別れて、再び会った時には、もう絶対!」という発見 。そんなわけで、アイツらとは、もう八年来の付き合いをしてるということになるな。”

著者の若かりしとときは、『コオマン』決めまくりの時期もあった(笑) 実は、そのウラで極貧生活も長かったようだ。

“三日か四日にひとり、女を取り替えたな。バンドやってるからってだけじゃない。オレ、ずっとモテてた。バンドマンだからって、猫もしゃくしもOKってわけじゃないからね。オレと寝たいって女、ゴロゴロいた。オレが指定するんだ。「ちょっとメシでも食いに行こう」って。メシなんか食う金、ありゃしないんだよ。「家に来い」ということだからね。早く言えば。やってたね。よくやってた。”

そして、

“そう、カミさんと知り合って、ピタっと女はやめた。”

ガンガン突き進んできた著者であっても、下を向かざるをえない事もあった。

“ヤマトが終わって、オレは、初めて弱気になった。カミさんに、「オレ、やる自信がない」と言った。ほんと、挫折感がガーッときてね、ぶちのめされた感じだった。”

それでも、著者は得たい結果をえてきた。

“藤田が、最近になって言った。「過去のこと振り返ってみると、矢沢というのは、何てワンマンで、何て我が強くて、なんて自信過剰な男だろう。そう思った。なんてハッタリだ。そう思ってたことを、矢沢は全部実現させちまった。なんて男と関わりになったんだろう」”

最後に、この書籍を象徴する引用を2つ。

”オレっていうのはね、メチャクチャ安心してないと気がすまない男なんだよ。でも、やっていることは、常に不安だらけ。どういことかって言えば、安心したいがために、行動する。だから、行動が早い。”

”でもさ、人間は、ある程度キツイ目にあわなきゃいかんのよ。萎縮しちゃうやつもいるけど、バイタリティになる。なにくそ、冗談じゃない。そう思えるだけ、オレは幸せだったかもしれないね。<中略> オレ、忘れてない。ガキの頃からの屈辱は忘れない。”

著者は、矢沢永吉さん。知人にこの本の凄さを紹介され、Kindle版を購入。気づいたら読破していた。「人間、これだけの情熱があればどんな夢でも叶うんだな」と素直に感じた。昭和53年出版のこの本の後も彼の人生は一貫して波乱万丈だ。

今、人生の行く末を悩み、迷っている人が多い。あなたを取り巻く社会がそうさせているに違いない。そんな逆境も、あなたが持つ反骨精神が想像だにしないパワーを引きだし成功へ導いてくれる。そんな実体験をこの本から学べる。

成りあがり<行動しないあなたへ>
矢沢 永吉
[ Amazon ]


矢沢 永吉



何をやったらいいのか、自分はどうなりたいのか、ひたすら行動した先にはどんな事が起こるのか、未来に漠然とした不安感を持っているけど、どうしたらいいかがわからない人向け。将来への情熱をもって行動すれば、なりたいあなたになれる事を実感できる。

広島での著者の生い立ちから、壮絶な波乱万丈な半生の前半を圧倒的な臨場感で描写している。上京してアマチュアでバンドを結成し、バンドでもプロになり、さらに『矢沢永吉』として超ビッグスターになるまでのハンパない行動力とその思考など、こと細かに余す事なく表現。

ホンモノのロックンローラーだからこそ書ける本。ありえないレベルのユニークさでリズミカル、シャレっけたっぷりで、著者らしく言いたい放題。特に目立つのが、様々なカタカナ単語をひっくり返した著者独特の表現だ。

これが、もっとも印象的なカタカナ単語のひっくり返し文章の引用だ。

“「だいたい、あんた勝手だよ。コオマンしなきゃいいじゃん、コオマン。おまえら、いい加減にコオマン決めて、オレ産んでから、夫婦喧嘩してアレか…じゃ、オレ、どうなるの。コオマンするな、パイプカットせい!」って話になる。“

まずは、生まれ故郷の広島を旅立つときの著者の並々ならぬ決意を引用。

“親戚の家に一軒一軒別れを告げに行った。ひどいものだった 。「何?」っていう感じ。 「永吉ですけど」 「何 、おまえ?」 「実は今晩、これから東京に行きますから…」 「あ、そ、行くの。気いつけてな」でおしまいよ。この野郎、と思うと同時に「オレは、これから、とんでもない行動をする。おまえら見とけ!」という感じ。”

そして、著者が『成りあがる』ステップを実感できる部分を引用。

“オレと、他のやつらの違いって最初からあった。オレは、いつかプロになると思ってる。みんなは趣味で楽しんでいる。いつか、何年かかるかわかんないけど、きっと自分のベスト・メンバ ーが集まると思ってた。ベストと認めるメンバーで 、オレのオリジナルをやりたいっていう気持ちがあったんだよ。彼らには悪いけど、ザ・ベースは、オレの手段だったんだ。これを糸口にして、いろんなやつと知り合おうと考えてたわけ。いろんなバンドマンってやつに会って、ちょっとずつグレード・アップしていこう、そう思ってた。”

音楽に限らず、著者はその周りとの関係性についても深い考察をしていた。

“「ほんとの友だちっていうのは 、一回別れなきゃいけない。一回別れて、再び会った時には、もう絶対!」という発見 。そんなわけで、アイツらとは、もう八年来の付き合いをしてるということになるな。”

著者の若かりしとときは、『コオマン』決めまくりの時期もあった(笑) 実は、そのウラで極貧生活も長かったようだ。

“三日か四日にひとり、女を取り替えたな。バンドやってるからってだけじゃない。オレ、ずっとモテてた。バンドマンだからって、猫もしゃくしもOKってわけじゃないからね。オレと寝たいって女、ゴロゴロいた。オレが指定するんだ。「ちょっとメシでも食いに行こう」って。メシなんか食う金、ありゃしないんだよ。「家に来い」ということだからね。早く言えば。やってたね。よくやってた。”

そして、

“そう、カミさんと知り合って、ピタっと女はやめた。”

ガンガン突き進んできた著者であっても、下を向かざるをえない事もあった。

“ヤマトが終わって、オレは、初めて弱気になった。カミさんに、「オレ、やる自信がない」と言った。ほんと、挫折感がガーッときてね、ぶちのめされた感じだった。”

それでも、著者は得たい結果をえてきた。

“藤田が、最近になって言った。「過去のこと振り返ってみると、矢沢というのは、何てワンマンで、何て我が強くて、なんて自信過剰な男だろう。そう思った。なんてハッタリだ。そう思ってたことを、矢沢は全部実現させちまった。なんて男と関わりになったんだろう」”

最後に、この書籍を象徴する引用を2つ。

”オレっていうのはね、メチャクチャ安心してないと気がすまない男なんだよ。でも、やっていることは、常に不安だらけ。どういことかって言えば、安心したいがために、行動する。だから、行動が早い。”

”でもさ、人間は、ある程度キツイ目にあわなきゃいかんのよ。萎縮しちゃうやつもいるけど、バイタリティになる。なにくそ、冗談じゃない。そう思えるだけ、オレは幸せだったかもしれないね。<中略> オレ、忘れてない。ガキの頃からの屈辱は忘れない。”

著者は、矢沢永吉さん。知人にこの本の凄さを紹介され、Kindle版を購入。気づいたら読破していた。「人間、これだけの情熱があればどんな夢でも叶うんだな」と素直に感じた。昭和53年出版のこの本の後も彼の人生は一貫して波乱万丈だ。

今、人生の行く末を悩み、迷っている人が多い。あなたを取り巻く社会がそうさせているに違いない。そんな逆境も、あなたが持つ反骨精神が想像だにしないパワーを引きだし成功へ導いてくれる。そんな実体験をこの本から学べる。

成りあがり<行動しないあなたへ>
矢沢 永吉
[ Amazon ]

Facebook  Twitter  Google

この記事でいちばん印象に残ったポイントを教えてください!

人生最後のダイエットに成功し
望む体重維持と風邪ひとつ
ひかない健康な日々を送り
より幸せで豊かになりたいあなたへ

© Copyright フルタアキラ. All rights reserved..