フルタアキラブログ

お酒臭い日本酒のなぞ

酒臭いというかアルコール臭い!

でも、アルコール臭くない日本酒もあるし、そんな日本酒だとなぜか悪酔いしない気がする。

 

そうなんです!

 

アルコール臭くないし、悪酔いしない日本酒、それは純米酒です。

 

逆にアルコール臭くて、悪酔いする日本酒は、純米酒ではない日本酒で、これらには “醸造アルコール” が添加されています。

 

 

普段買っている日本酒のラベルを確認してみると、ほとんどがそこには “醸造アルコール” の記載があると思います。

 

これは日本酒だけど日本酒ではない、”日本酒もどき” なのです。

 

醸造アルコールとは

 

農作物を原材料として醗酵によりつくられたアルコールを、度数45%を超えるまで蒸留した食用エタノールです。

チューハイの主な原材料として使われ 、また水を加えて度数を36度未満にした場合は「甲類焼酎」として販売されます。

醸造アルコールの原材料は廃糖蜜など含糖質物や、トウモロコシ・米などでんぷん質物。

※ 自家製「醸造アルコール」への挑戦 から引用

 

これを日本酒に添加するから、タチが悪い。

 

まるで、なんちゃって日本酒を飲んでいるかのようだ。

 

醸造アルコールを添加した日本酒が増えたわけ

戦中と戦後の食糧不足、その中でもコメ不足が原因らしい。

 

主食のコメが足りないのに、日本酒を沢山作れない。

 

しかし、酒造メーカーとしては、なんとか日本酒を沢山売りたい。

 

そしたら、国の施策と称して純米酒に醸造アルコールを添加して売ってしまおうということに。

 

この結果、元のコメの量で作れる日本酒の量に対して三倍もの日本酒を生産できることから、 “三倍増醸清酒(三増酒)” と呼ばれているようです。

 

 

今となってはコメは余っている。

しかし、醸造アルコール入りの日本酒はまだまだ生産されている。

 

消費者側で見れば、お手頃に日本酒を入手でき、たくさん流通しているのでどいつでも手に入るという点は便利だ。

 

販売側の理屈で考えれば、醸造アルコールを作っているメーカーの既得権益かの縄張りから抜けられないというのが、本質なような気がする。

 

大手の酒販メーカーが大きくテレビコマーシャルや広告を打っている日本酒のほとんどが、醸造アルコールが添加された日本酒だと思う。

 

 

これは儲かるので、広告費をかけてでも、工業製品として決して質が良いとは言えない日本酒を低価格で大量に販売し続け、多くの消費者が 醸造アルコールが添加された日本酒に慣れてきた。

 

 

なるほど、さすが資本主義だ。

 

カラダは正直だ

この醸造アルコール添加の日本酒がカラダに合わない人が少なからずいる。

 

わたしは、なぜかいつも悪酔いする。

 

それが純米酒であれば、悪酔いするなんてことはない。

 

純米酒の多くが大変手間暇をかけて生産されている。

 

異なる種類のコメごとに醸し出されるそれぞの味わいがお酒となって、いかに消費者に喜んでもらえるかを真剣に考えている。

 

 

美味しいに決まっている!

 

そして、悪酔いしない(笑)

 

日本酒の区分

ちなみに、日本酒の種類として大吟醸・吟醸・特別本醸造・本醸造などがあります。

 

これは、仕込みの違いによるもので、純米酒でも醸造アルコール添加の日本酒でも、それぞれ風味が異なります。

 

 

悪酔いするから日本酒がキライと思っていたあなたは、今度は買う前にちゃんとラベルを確認して、醸造アルコールが添加されていない純米酒を飲んでみましょう。

 

今まで飲んでいた日本酒って、一体何だったんだと驚嘆するでしょう!