フルタアキラブログ

【危険!】スマホで老眼に

スマホに限らずデスクワークでも

なんだかボヤっとする

見るものがボヤっとしてピントが合わないと思った経験はありますか?

 

多くの場合、しばらくスマホを凝視した後にふと周りを見渡すと、ボヤっとしている。

 

これって、眼のピントが合いにくくなる、まるで 「老眼」 のような状態なのです。

 

眼はカメラいうでレンズとなる水晶体と、その周りにある毛様体筋という筋肉の動きでピントを合わせます。

 

近くを見るときは毛様体筋を緊張させて水晶体を厚くします。

 

遠くを見るときは、毛様体筋をリラックスさせて水晶体を薄くします。

 

この毛様体筋が水晶体の厚さを調節できなかったり、水晶体が硬直して厚さが変わらなくなることを、「老眼」 といいます。

 

スマホを見続け過ぎたときに、同じような 「老眼」 の症状を感じます。

 

これは毛様体筋が疲れてしまい水晶体の厚さを自在に変えられない状態なのです。

 

なんでもモノを」見続けた後に、ふと視点をそらすとボヤっとすることってありますよね。

 

これがスマホのような小さな画面を見続けてしますと、瞬く間に眼精疲労を招いてしまいます。

 

眼精疲労といえば、眼の奥に痛みを感じたり頭痛、肩こり、はたまた胃の痛みなど様々なストレスを巻き起こすことになり、結果的に全身へ大きな悪影響を及ぼしかねません。

 

緑内障への近道

2-30才台の人たちだったら、スマホの利用を控えれば少なくても毛様体筋の疲労は回復します。

 

しかし、われわれのような40才台後半にもなるとそうはいかない。

 

老眼的な自覚症状のあるなしに関わらず、すでにわたしたちの毛様体筋は弱まっているのです。

 

スマホを長い時間凝視すること、それはわれわれの大切な眼を急速に老化させます。

 

つまり、その先に緑内障や白内障になるリスクを増大させるのです。

 

多くの人がご存知だと思いますが、スマホなどコンピューターの画面から照射されるブルーライトは非常に強いエネルギーを持っています。

 

ブルーライトは、紫外線に近い可視光線で、水晶体と網膜の中心部にあたる黄斑部に悪影響を与えます。

 

その結果、白内障だったり、正常な眼圧だったとしても緑内障が発症するリスクが大きくなります。

 

わたしはようやくこの大変なリスクに気づき、こんな眼鏡を愛用したり本を読んでいます。

 

・眼鏡

エレコム ブルーライト対策眼鏡 日本製 超吸収 ブラウンレンズ ネイビー OG-YBLP01NV

 

・著書

視力を失わない生き方~日本の眼科医療は間違いだらけ~ (光文社新書)

 

やってはいけない目の治療 スーパードクターが教える“ほんとうは怖い”目のはなし (角川書店単行本)

 

スマホによる老眼を防ぐには

それはスマホを長時間見続けないことです(笑)

 

スマホを凝視しすぎたと感じたら、サッと視線をずらしましょう。

 

そして、ちょっと遠くのものを見るのです。

 

これしか疲れ切った毛様体筋を少しでもリラックスさせる方法はありません。

 

あとは、スマホなどの画面から3-40センチ以上離すこと、画面の文字を大きめに設定することも有効です。

 

とくにやってはいけないことは、就寝前の暗い場所でスマホを見続けることです。

 

緑内障など、眼の疾患は治らないものと心得て常に眼をいたわりたいものです。