フルタアキラブログ

無意識に摂りまくる糖質の影響

風邪は万病のもとと言うけど

実は糖質は風邪よりも恐ろしい、これこそが万病のもとだ。

 

健康悪化の元凶が糖質の過剰摂取にある。

 

ダイエットこそカロリー制限より糖質摂取のコントロールが重要だ。

 

あなたは日々こんなものを無意識に口にしていませんか?

 

缶コーヒーや清涼飲料水、ジュースなど
砂糖の入ったお菓子や菓子パンなど

 

糖質の摂取を意識しないと、じわじわと不健康になります。

 

砂糖の誘惑に負けてしまうと、なんだかんだお菓子やケーキ、菓子パンなどを惰性で食べてしまいます。

 

そうすると簡単に体重が増加します(笑)

 

試しにランチで炭水化物や糖質の摂取を控えてみてください。

 

なぜか今までと違い、午後の疲れや眠気が無くなり、集中力も切れにくくなります。

 

そして体重も減ります。

 

いまさらカロリー計算?

肥満の原因はカロリー過剰摂取でも、油脂の摂取過多でもない。

 

実は糖質が招く血糖値の上昇により分泌されるインスリンの作用による。

 

つまり、余分なブドウ糖が中性脂肪に変化することによるものだ。

 

先史時代の人類は、移民して暮らし理想的な食事をしていた。

 

良質なタンパク質や油脂を、昆虫や節足動物から摂っていた。

 

現在までに人類の定住化が進み、農耕が始まり食材に占める穀物量が飛躍的に増加した。

 

そして、良質なタンパク質の摂取量が減少してしまい、糖質の過剰摂取がにち人類のカラダは変化してしまったのだ。

 

ヤバい糖質の過剰摂取

科学と医学の進歩で分かったのは、”糖質は余分に取る必要が無い” ことだ。
それどころか、過剰に糖質を摂ると、どうしようもなくカラダが大騒ぎする(笑)

 

過剰な糖質の摂取と異常な血糖値が現代病の代表である糖尿病を始め、さまざまな癌、アルツハイマー病、あらゆる生活習慣病、さらには日常のあらゆる頭痛やアレルギーなどの鼻炎、はたまた風邪の原因にもなっている。

 

健康な毎日を過ごすためには糖質の摂取をコントロールしたい。

 

糖質を制限すると、血糖値の上昇が抑えられ、肥満抑制やダイエット効果がある。

 

しかし、筋肉の代謝のためなどエネルギーを確保することが必要なので、タンパク質や脂質の過剰摂取を招こともあります。

 

糖質を排除するリスク

肥満や病気などで糖質の制限が必要な場合もあります。

 

しかし、完全に糖質を排除すると他のリスクをはらむことになります。

 

糖質も含めてバランスの良い食事を心がけたいものです。

 

かならずしも、「糖質=悪」ではありません。

 

脳が疲れたと感じたら、たとえばチョコレートのような糖質をとるとよいです。


糖質の摂取を完全にやめるのではなく、意識的にその摂取量をコントロールしたい。

 

どんな食材であっても適量があり、適量を超えると健康に悪影響を与えます。

 

糖質も例外ではない。

 

しかし、多くの現代人は糖質を過剰摂取しています(笑)

 

過剰摂取はもちろんNGだが、過剰制限もほどほどに。

 

ファット(脂質)バーニングがよい

糖質中心の 「シュガーバーニング」 な食生活から、脂質をエネルギー源とする 「ファットバーニング」 を目指そう。

 

糖質を控えると、これまで感じていた午後のだるさや眠気が明らかに無くなる。

 

さらには朝の目覚めのスッキリ感や疲れにくさも感じるようになる。

 

血糖値が急激に上昇する糖質中心の生活を控える。

 

脂質を中心に摂るが、無意味なカロリー制限は不要だ。

 

糖質と脂質の許容量

体内で糖質を貯めるエネルギータンクは大きくない。

 

その容量をオーバーした分の糖質は、体脂肪として蓄えられてしまう。

 

糖質を貯めるタンクよりも脂質を貯めるタンクの容量は10倍以上もある。

 

よって、大量の脂質を摂取しなければ、体脂肪にはならない。

 

そうすると、脂質に対する恐怖心が緩和されます。

 

エネルギー源としては糖質を抑えて、良質な油を摂ろう。

 

“食べる” 甘酒のありえない凄さ