フルタアキラブログ

山が育む美味しい牡蠣

海の幸は山が育んでます

冬を迎えると、牡蠣のシーズンもやってきますね!

 

牡蠣といえば、広島って言われるほどそのブランドは確立されてますよね。

 

あなたはどこのどんな牡蠣が好きですか?

 

牡蠣にもいろいろな種類があるようですが、その代表的なものはマガキとイワガキなんです。

 

こちらにその違いを紹介しているサイトがあります。

 

2種類の牡蠣、イワガキとマガキの違いとは!?

 

わたしはイワガキが好きです!

たまたま妻が三陸出身なのですが、その中でも岩手県山田町のイワガキは最高です!

 

・ 三陸山田カキ小屋

かき小屋

山田湾は、三陸でも有数の静かな内海として知られています。

 

また、その周りを緑豊かな山々に囲まれていて、牡蠣が育つための栄養素がその山々から、ふんだんに山田湾へ注がれています。

 

こういった海に恵みをもたらす山々や林を、「魚つき林(うおつきりん)」と言います。

 

牡蠣に限らず、海で過ごす生態系になくてはならない栄養素が、まさかそれら海を取り囲む林から供給されていたなんて、想像したことがありませんでした。

 

東日本大震災の後も

沿岸部は津波により甚大な被害にあいましたが、その周りを取り囲む山々や林は、その甚大な被害にあった海の生態系がまた元通りに戻るために信じられないくらいのパワーをもって力強くサポートし続けています。

 

その結果、ぼくらは今日とても美味しい牡蠣をいただくことができるのです。感謝感激!