フルタアキラブログ

免疫機能を高める食べ物

キウイフルーツ

キウイフルーツに免疫機能を高める効果がある。

 

ある研究で就学前の児童を無作為にふたつのグループに分けた。

 

ひとつめのグループの子供たちには毎日ゴールドキウイを、ふたつめのグループの子供たちには毎日バナナを食べるよう指示した。

 

その結果、キウイグループの子供たちはバナナグループの子供たちにくらべて、風邪やインフルエンザのような疾患にかかるリスクが半分程度であることがわかった。

 

しかし、小児のおよそ130人にひとりはキウイに対してアレルギーがあるそうだ。

 

これは牛、卵アレルギーに次ぎ第三位となる。

 

よって、キウイフルーツ作戦はだれもに向いているとは言えない。

 

トマトジュース(無塩)、きのこ

トマトジュースを飲むと免疫機能が回復するが、にんじんジュースでは同じような効果はみられません。

 

きのこにも免疫効果や抗がん効果が期待できるため、ぜひと食事に取り入れよう。

 

グルテンなのか小麦なのか

グルテン、つまり小麦や大麦ライ麦など一部の穀物に含まれるたんぱく質を摂取すると、胃腸障害などの拒絶反応が起きることがある。

 

これセリアック病という自己免疫疾患だ。

 

しかし、セリアック病はとても珍しい病気で人口の1パーセント以下にしかみられない。

 

そうすると、グルテンフリーダイエットについての効果については、まるで根拠のない主張がインターネット上で氾濫しているといえそうだ。

 

今となってはグルテンフリー加工食品市場は1,000億円規模にまで成長している。

 

これって実はプラシーボ効果なのではとの仮説を立てることができる。

 

実際にはどれだけのグルテン過敏症の患者が存在するのだろうか

 

グルテンではなく小麦らしい

じつは、グルテン過敏症ではなく、小麦過敏症と呼ばれるひとたちも存在するのだ。

 

この小麦過敏症の人たちはほかのさまざまな食品に対しても過敏である場合が多い。

 

実にその3分の2の人たちは、牛乳のタンパク質に対しても過敏であることがわかっている。

 

グルテンフリーダイエット

グルテンフリーダイエットを一ヶ月続けると、腸内フローラと免疫機能に悪影響を及ぼします、

 

その結果、有害な腸内細菌の異常増殖が起きる可能性があります。

 

じつはグルテンタンパク質を食事に加えると、一週間もしないういちにナチュラルキラー細胞が有意に活性化します。

 

これは、ガンやウイルス感染に対するカラダの抵抗力を向上させます。

 

ダイエットしたら風邪ひかなくなった

 

水分摂取と運動と栄養補助食品

水の摂取量が不足すると、さまざまな健康問題につながるが、免疫機能低下もそのひとつだ。

 

運動は健康体重の維持に役立つだけではなく、軽度の認知低下の予防や治療、免疫系の向上、高血圧の予防や治療や睡眠の質の改善などさまざまな効果がある。

 

わたしたちは食事のすぐあとに体内でのその影響をを感じることができる。

 

じつはサプリメントで特定の栄養素だけを補っても、期待するような効果は得られないのだ。

 

なぜならが、サプリメントでは未加工、まるごとの栄養分を摂取出来ない。

 

カラダに本当に必要なのは、加工していない、まるごとな緑黄色野菜、豆類、果物を日々摂ることなのだ。

 

あ、そうそう、ベリー類にもは免疫系の機能を高める効果がありますよ。

 

ここはおススメだ!

「スモールフルーツランド ベリーコテージ」の詳細はこちら