フルタアキラブログ

巷にあふれる情報の見極めかた

町の本屋とマスメディア

国際関連の平積みや縦置きスペースの至るところに、北朝鮮、韓国、中国、安倍首相、トランプ、習近平関連の本がズラリと並んでいる。

 

ぼくは普段は完全にAmazon Kindle読者だ。つまり、本屋で何が注目されているかあまり見ることがない。

 

その本屋へ久々に行くと、特にTwitterで投稿の多いひとたちの著書が沢山並んでいることに多少ビックリしたのと、なぜからしら安心感をもった。

 

ネットが普及している現代で、明らかにネットを中心に発信されていると思われていた時事ネタ関連の書籍が、リアルの本屋でしっかりと注目を浴びていたからだ。

だけど、それらコーナーの周りはあまりひとはいなかったけど。

 

先日の衆議院議員選挙へ投票に行ったときにも驚いたのが、午後早々のあの台風による大雨の中にも拘わらず、投票所の中学校の門の外から投票するまでに30分近くも並んだことだ。

 

この選挙の投票率としては、住んでいる地域では意外にも低く、約52%しかなかったが見た目には多くの市民が今までとは違う意識をもって投票に臨んでいたようにみえた。

 

ぼくはテレビ視聴のほとんどはスポーツ、もしくは経済ニュースや旅番組などに終始する。つまり、一般的なニュースやバラエティ番組などはほぼ視聴しない。

 

そうすると、やや世間に疎くなり、たまに周囲の話についていけないことがある。

 

ちょっと前になるが、九州から来た知人に、彼が住む地域の近辺で甚大な豪雨災害にあった話が出たが、正直ピンとこずやや恥ずかしい想いをした。

 

今はなんとなくだけど、どのマスメディアが、ネット上のどのソースが、ものごとの本質および真実を報道しているか発信しているかのかを見極めているところだ。